Canteen

投資、不動産、家具、映画、本などなどについて呟きます。

映画を安くみる

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWに加入されているのであれば、スマホ、パソコン、タブレット端末(3台までという制限がありますが)にてインターネットから映画が見れます。ラインナップはメジャーではないけど、どこかの映画賞をとっているイケてる映画や古い映画、名作みたいなイメージです。

週1回以上の頻度で追加されているみたいです。スター・ウォーズの全作品やオデッセイのようなメジャー作品も公開されていました。

もし、ご家族の誰かがWOWOWに加入されていれば、利用されてはどうでしょうか。

映画の他にもオリジナルドラマも配信されています。地上波と比べてシリアスなテーマを扱ったドラマが多く、また、キャストも豪華で見応えあります。

Amazon Prime(Primeビデオ)

Amazon Prime会員(年会費3900円税込)になると、Primeビデオが見放題です。

映画のラインナップはそれほど豊富な印象はありません。しかし、バラエティ番組は「内村さまぁーず」、「ドキュメンたる」、日本のドラマでは「孤独のグルメ」、「勇者ヨシヒコ」シリーズ等いろいろあります。

余談ですが、Amazon Prime会員の大きなメリットは、時間指定配達が無料となることと、重たい商品(飲料水等)の配送にかかる特別取扱い手数料(350円)が無料になることかなと思ってます。家に運ぶのが大変な重たい飲料水を、安く運べるのは嬉しいですね。

この2点だけでも、年会費分の価値はある気がします。

ベネフィット・ステーション(1800円→1300円)

映画館で映画を見るときはいつも勤め先の福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」のTOHOシネマズのチケットを使います。

1800円→1300円になります。

ベネフィット・ステーションでは、TOHOシネマズ以外にも割引券がありますが、TOHOシネマズに関しては、ネットでクレジットカードで支払いの後、自宅にチケットが届き、そこに記載の番号でTOHOシネマズのホームページからインターネット予約できます。

これまでは上記のように郵送のため、予めネットで購入したものが郵送されるのを待つ必要がありましたが、メールで鑑賞にTCチケットの番号等が送られるようになりました。ただし、決済後24時間待たなければならないので、やはり予め購入する必要があります。ここまで改善がすすでいるのにタイムリーに発券できないのは本当に残念な感じがします。

TOHO以外の系列の映画館の券ではコンビニで支払いと発券をして、映画館まで出向き席を押さえる必要があります。人気がある作品では座席を予め確保できないので、とても不便です。

U-NEXT

U-NEXTは月額1990円(税抜)にて、見放題です。まあ、高いです。視聴できる種類は先に記載の、wowowオンデマンドやAmazon primeには大きく劣っています。

ただ、映画ではないですがアダルト関連は群を抜いて充実しています。

レイトショー(1800円→1200円)

都心だとないみたいですが、その他の都市では遅い時間であれば安くで映画を見ることができます。

TOHOシネマズモク割(新宿のみ、1800円→1100円)→終了
2016年3月3日(木)~2017年3月2日(木)の毎週木曜日

新宿のTOHOシネマズ(ゴジラが顔出してるところ)では、毎週木曜日にはモク割というのをやってます。ただし、利用できるのは新宿のTOHOシネマズのみです。

マスターカードをもっていれば、利用できます。普通にTOHOシネマズのホームページから予約を進めていき、券種を選ぶ時にモク割選択するような感じだったと思います。

インターネットから座席を予約できるので便利です。

以上となります。楽しい映画ライフを!