Canteen

投資、薬・健康、映画、本などなどについて呟きます。

都内から猿島への日帰り旅行

海の日を7/20に固定して、3連休でなくなってもやむ無しという謎の議論が巻き起こっているようですが、今後なくなってしまうかもしれない海の日3連休の中日に猿島へ行ってきましたので、レポートしたいと思います。

news.livedoor.com

猿島って?

横須賀から船で10分程度のとこにある無人島です。横須賀にも行ったことがなかったので、横須賀観光も兼ねて行ってきました。

都内からは電車で1時間程度で、駅から横須賀市内を散策しながら15分程歩いて、三笠公園に向います。三笠公園からはフェリーが30分おきに、繁忙期には15分おきに出ているようです。フェリーで10分で到着です。

最寄りの横須賀中央駅京急線)から三笠公園までの間、横須賀の町を散策です。15分程で三笠公園み到着です。

三笠公園には「戦艦三笠」の記念館がありました。この三笠乗船できるようで、通常600円のところ、猿島への往復フェリーチケットの半券があれば、100円引きになるみたいです。

f:id:Canteen:20170718215926j:plain

戦艦三笠の右脇に、フェリーチケット売り場があります。往復大人1人で1,300円です。わりかし安いですね。

島内では飲料水や食料など簡単なものは手には入りますが、やや割高で選択肢も多くはないので、いろいろフェリーに乗る前に買い込んで行くと吉です。今回買い忘れたのですが、缶ビール買っときゃよかったです。

船は予約無しでサクッと乗れました。座れる席もありますが、10分程度でつくので、フェリーの乗船の列に並んで立っている時間の方がフェリーの乗船時間より長くなります。フェリーで立ちでもいいなら、船に乗る列へ並ぶ必要はないかもです。

f:id:Canteen:20170718221744j:plainf:id:Canteen:20170718222017j:plain

フェリー(Ocean Friend Zero)を待つこと15分、お昼の13時の船に乗ろうとしていたのですが、船には既に帰途についている方でいっぱいでした。ちなみに、Ocean Friendには1〜3までいますが、Zeroが240名乗船可能で、一番大きいようでした。友だちがいないわけではないです。

10分程でつきました!猿島です。 

f:id:Canteen:20170718222709j:plain

 見えているビーチが猿島ビーチのほぼ全貌です。決して広くはありませんが、BBQやられている方がたくさんいて、盛り上がってました。釣り竿とかパラソルとかいろいろレンタルできるみたいです。繰り返しになりますが、ビーチが決して広くはないため、BBQ等する場合には午前の早い便で行く必要がありそうです。

f:id:Canteen:20170719221437j:plain

島内一周するのに徒歩で45分とありました。寄り道すると、もうちょっとかかります。

f:id:Canteen:20170719221659j:plainf:id:Canteen:20170719221213j:plain

旧日本軍の砲台が設置されていたそうです。立派なレンガづくりや石垣があります。ジブリに出てくる廃墟のような空間でした。コスプレイヤーも何組か撮影に来てました。

f:id:Canteen:20170719221418j:plainf:id:Canteen:20170719221346j:plain

途中の急な階段を降りると磯遊びもできます。

島内散策だけでもまあまあ楽しいです。トレッキング風で。靴のほうが良いともいますが、スリッパでも回れました。無料で杖の貸出もあります。

 

フェリーで三笠公園まで戻って、公園近くの「よこすかポートマーケット」によって帰りました。新鮮な海鮮やアイスクリーム、いろいろ売ってます。

f:id:Canteen:20170719221523j:plain

portmarket.cs-yokosuka.com

帰りは「横須賀中央駅」ではなく、お隣の「汐入駅」に向かいました。こちらの駅界隈のほうが横須賀観光しやすそうです。名物の軍艦カレーやネイビーバーガーを食べれるお店がたくさんありました。

f:id:Canteen:20170719221539j:plain

横須賀の軍艦ツアーは、JR横須賀駅又は京急汐入駅側からスタートしているみたいですので、ご注意を。三笠公園側からは猿島行きのフェリーしかありません。

都内の家から朝10時頃に出発して、夜18時位戻ってきました。だいたい1万歩でした。日帰りでお手頃価格にて楽しめるので、猿島おすすめです。

 

Amazon.co.jpアソシエイト